TOPへ戻る

News新着情報

2020.12.10

世界最高レベルの金属イオンコントロールシステムの
樹脂加工製品「フュージョン成型容器」を開発

本記事の詳細につきましては、共同通信社のニュースリリースページでご覧ください。
URL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202012098354
 
 

金属イオンの溶出をコントロールできる樹脂容器の開発に成功

2020年12月10日、当社開発の樹脂容器「フュージョン成型容器」に金属イオンの溶出をコントロールできる効果があることを実証いたしました。

世界最高レベルの金属イオンコントロールシステムの樹脂加工製品「フュージョン成型容器」

金属イオンは抗菌性・殺菌性を示すことが知られています。
(出典:D. H. Nies, Appl Microbiol Biotechnol 51 (1999) 730-750)
 
これらの効果のメカニズムは、金属表面にあるイオンが菌やウイルスのタンパク質やDNAに作用するためです。
 
さらに、これらの金属に水が触れると、水中にイオンが 溶け込みイオン水となることによって、抗菌性・除菌性を示します。

当社では均質な樹脂-金属のハイブリッド成型加工技術を
10年の月日を経て開発しました。
 
この技術を用いて、抗菌性・除菌性を有する金属を様々な比率で配合・成型を繰り返し、殺菌・抗菌効果について性能を評価しました。

※参照:本文末の試験機関「株式会社ビズジーン」に よる除菌成分(銅イオンと銀イオン)殺菌試験の概要

 
 

除菌成分(銅イオンと銀イオン)殺菌試験の概要

1. 依頼者
株式会社エイエムジー
2.試験機関
試験機関 :株式会社ビズジーン
3. 試験概要
後記溶液の細胞毒性、及びコロナウイルスへの不活化効果を評価する。
4.試験対象菌株・細胞・ウイルス株
Human Coronavirus 229E ATCC VR-740
宿主細胞:MRC5 細胞(ヒト胎児肺線維芽細胞) ATCC CCL-171

抗ウイルス試験結果
銀イオン水溶液(0.05ppm)
銀イオン水溶液(0.02ppm)

製品内生成水溶液
精製水(control)

試験対照 (0.2% Fetal bovine serum Dulbecco’s Modified Eagle Medium)
感染阻害効果(%)

 銀イオン水(0.05ppm : 99.3%
 銀イオン水(0.02ppm : 99.9%
 製品内生成水溶液(ウイルスバスターボトルに入れた水): 99.5%
 コントロール(精製水): 0%

*感染力価はN=6の平均

※試験溶液において細胞毒性は認められなかった。

 
 
尚、本記事は下記メディアにも掲載されております。
 
高知新聞:https://www.kochinews.co.jp/article/420469/
 
CNET Japan:https://japan.cnet.com/release/30501494/?ref=rss